Cafe’Dior by Pierre Herme’(銀座)モンブランが濃厚でさっぱり異次元の美味さの高級カフェ!

Cafe'Dior by Pierre Herme'

今回ご紹介するお店は、銀座にある「Cafe’Dior by Pierre Herme’(カフェ ディオール バイ ピエール エルメ)」さんです。

銀座といえば、ハイブランドショップが数多く存在するラグジュアリーな街である。

ハイブランドの一部ではカフェも運営しており煌びやかなロケーションに憧れて訪問する方も多いと思います。

そんなハイブランドカフェの中で驚くべきコラボレーションを提げて誕生した場所がこちら。

スイーツ界のハイブランドとも言える「ピエールエルメ」さんと、ファッションブランドの最高峰の1つである「クリスチャン・ディオール」がコラボしたカフェがGINZA SIXに登場したのだ。

HighとHighが組み合わさるとどんな世界になるのか気になりませんか?

筆者1人で突撃し、やっぱり返り討ちにあった素晴らしいスイーツをご紹介したいと思います。

 

当記事はミッキー(@micky19750930)が執筆しております。

2018/11/06 初投稿

Cafe’Dior by Pierre Herme’の外観・内観

Cafe'Dior by Pierre Herme'

外観(GINZA SIXの一角)

Cafe’Dior by Pierre Herme’(カフェ ディオール バイ ピエール エルメ)さんはGINZA SIXにあるDior内にございます。

このカフェに入る際には2つ注意があります。

  • GINZA SIX内からCafe’Diorに入ることは出来ない
  • Cafe’Diorに入るには、上記写真のブティック入口から入る必要がある

この建物自体はGINZA SIXと結合しているのですが、中は繋がってないので表から入っていって下さい。

Diorのスタッフが懇切丁寧にエスコートしてくれ、奥のエレベーターで4Fまで上がるとそこにCafe Diorがあります。

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

店内のシート

Diorのテーブルウェアでハイブランドの雰囲気がまじまじと受けて取れた。

一部にピエールエルメのカラーも施されていた。

店内は一言で言うとラグジュアリーで落ち着きがありながらもファッショナブルな素晴らしい空間。

Diorとピエールエルメの良いとこどりで実に素敵。

詳しくは実際に行ってみてもらうと感動が何倍にもなるかもしれない。

 

Cafe’Dior by Pierre Herme’のポイント

Cafe'Dior by Pierre Herme'

グラスも高級品

ピエールエルメはスイーツ好きには知らない人がいないハイブランドの1つ。

Diorは世界中で有名なファッションブランドの1つ。

ピエールエルメとDiorのコラボは、オートパティスリー(高級スイーツ)&オートクチュール(高級衣装店)のスペシャル仕様。

空間もオブジェもスイーツ・ドリンク全てが最高クラスであり、五感をフルに使って楽しむ事ができる唯一無二のカフェだと感じました。

 

店内写真撮影の注意事項

こんな素晴らしい空間は写真に残しておきたいもの。

しかし、写真撮影はOKなものの、撮影して良いか聞くと以下回答が返ってきたので皆様と共有致します。

★他人(スタッフ含め)が入らないように撮影して下さい
★Cafe Diorの隣のショップ(Dior)の商品が映らないように撮影して下さい

スイーツや飲み物は上記を守ればどんどん撮影してOKとのことでした。

他店でも当たり前ではありますが、Diorの価値を守るための措置が完璧なのはハイブランドならではでしょうか。

 

モンブランのレビュー

早速、食べたものをご紹介していきたいと思います。

 

メニュー

Cafe'Dior by Pierre Herme'

メニューはiPadで

メニューはペーパーレスになっていてiPad。

iPadを操作して選ぶ事ができます。(オーダーはスタッフに伝えるレガシータイプ)

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

アシェットデセール

ピエールエルメさんのスイーツといえば、季節ごとに変わる皿盛りスイーツは欠かせない。

スイーツ以外には紅茶類やワインなどのドリンクが充実しておりました。

「アフタヌーンティー」サービスもあった。

メニューについては分からなければ、スタッフが進んで教えていただけるホスピタリティは素晴らしかったと感じた。

 

今回はいろんな魅惑的なスイーツの中から、季節限定の「モンブラン」をレビューいたします。

 

デセール モンブラン

Cafe'Dior by Pierre Herme'

モンブラン

▲デセール モンブラン(2700円)
見た目が芸術的でうっとりするモンブラン。

お皿もスタイリッシュだし、モンブランの盛り付けも実に見事。

モンブランの構成は大変個性的でありました。

  • マロンクリーム
  • クレームシャンティ
  • 野ばらの実のコンポート
  • バニラがたっぷり効いたマスカルポーネ
  • クリーム
  • メレンゲ
  • マロンのバターソテー

とモンブランの肝である栗は押さえつつ、シャンティやコンポートなどの個性的な素材が使われているのが印象深い。

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

マロンのバターソテー

外側に盛り付けられている栗(マロン)はバターでソテーしてあるもの。

栗はフランス産とのことで味わいが濃くしっかりとした印象で、バターが優しく包み込んで適度な甘さを引き出していたのが見事。

この栗だけでお酒が飲めそう(笑)

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

クリームたっぷり

モンブラン上部にはたっぷりとクリームが乗っており、甘さは控えめで口の中でふわっととけて快感ですし、栗のペーストとの相性も最強!

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

モンブランの下にはメレンゲ

モンブランの下にはメレンゲのバーが敷かれている。

最近モンブラン+メレンゲの組み合わせが流行っているが、重くなりがちなモンブランを軽やかなメレンゲがバランスを取る構図はピエールエルメでも採用されていた。

マロンペーストとメレンゲを合わせて食べると実に軽やかになり美味しいのです。

 

Cafe'Dior by Pierre Herme'

モンブランの中身

はい、モンブランの中身はこちら!

栗のペーストで覆われた中にはクレームシャンティ、バニラが効いたマスカルポーネ、野ばらのコンポートと三重奏に♪

栗ペーストは濃厚でガツンと来ますが、後味は潔くて上品。

クレームシャンティやマスカルポーネのクリームがコクを与え、栗の美味さを引き出す巧妙さにはびっくり。

濃厚なクリームたちが続いてさぞかし「重い」と誰しも思うはず。

でもご安心を。

下に引いてある野ばらのコンポートが酸味を与えて、重くなりがちなモンブランを軽やかにするマジックとなっていた。

酸味をモンブランに加えるとは斬新で驚きました。

土台のメレンゲと組み合わせると更に味わいが広がり恍惚の世界に誘われました。

実に個性的で華もあり、味わい深いモンブランでありました。

 

ナイフにはDiorの刻印が

Cafe'Dior by Pierre Herme'

Diorの刻印

モンブランはナイフやフォークを使って食べていきますが、カトラリーにDiorの刻印が!

Diorファンなら歓喜しちゃうかも。

細部にもこだわりを持っているのはさすが名ブランドと言ったところか。

 

ライチティー

Cafe'Dior by Pierre Herme'

ライチティー

▲ライチティー(1100円)
ドリンクは別途オーダーし、ライチティーをチョイス。

ライチのフルーティーな風味がたまらなく、さっぱりごくごく飲めてしまう極上のアイスティーでした。

モンブランとの相性も良くて、紅茶とセットでオーダーしてもらいたいなと個人的には感じた。

 

予約・混雑情報など

こちらのお店は事前予約は出来ません。(来店時の当日予約が出来るかは未確認)

土日の昼間は混み合うこともありますが、価格が高いことや認知度がまだ低いことから穴場とも言えるかと。

 

予算

予算は飲食代+サービスチャージ13%+消費税となりますから、今回のようにモンブラン+飲み物をオーダーすると1人5000円近くになります。

カフェにしてはかなりの価格かと。

 

総評

クリスチャン・ディオールとピエールエルメの最高級ブランド同士のコラボレーションカフェは本当に素晴らしい場所でした。

ラグジュアリな空間に浸りながら極上のスイーツで幸せな1日が約束されるのは間違いありません。

両ブランドファンは勿論のこと、誰でも1度は訪問して体感して欲しいと思いました。

 

地図・アクセス

関連ランキング:カフェ | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

 

その他のモンブランやスイーツ投稿も是非ご覧下さい

 

その他のスイーツ投稿一覧はこちらをクリック♪

 

その他の銀座の投稿も是非ご覧下さい


銀座←←こちらから上記以外のレビューを閲覧できます。

関連記事

  1. さくらCafe 押上

    東京スカイツリーのおすすめ飲食店を予算別でまとめてみた!【随時更新】

  2. スパゲッティーのパンチョ 渋谷店

    スパゲッティーのパンチョ 渋谷店:ボリューム満点B級グルメにまみれよう

  3. 銀座天龍東京ソラマチ

    銀座天龍 東京ソラマチ店(押上)ビッグ餃子がインパクト絶大!老舗の中華料理店

  4. 人形町 今半 池袋東武店

    人形町 今半 東武池袋店:牛肉記念日(1/24)の高級すき焼き食べ放題の予約方法を伝授します!

  5. パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

    デリーモ(日比谷)絶品スイーツとワインのマリアージュをミッドタウンで堪能しよう♪

  6. みんみん吉祥寺

    みんみん(吉祥寺)餃子とチャーハンが鉄板で美味しいハモニカ横丁の名店

  7. やきだんご銀月

    やきだんご銀月(湯の川)函館で食べるべき団子に刮目せよ!

  8. さくらCafe 押上

    さくらCafe(押上)1000分の1サイズのスカイツリーパフェのインパクトに痺れよう!

  9. 炭焼き&wine利三郎

    炭焼き&wine利三郎(神田):炭火焼料理とワインをカジュアルに!利三郎クオリティがよりお手頃に楽しめる!




カテゴリ

  1. アトリエコータ

    銀座でおススメのモンブランを挙げてみる!【まとめ記事:随時更新】

    2018.11.16

  2. リビスコ銀座店

    リビスコ銀座店:新鮮ジェラートが甘さ控えめでヘルシー美味い!

    2018.11.13

  3. ナイルレストラン

    ナイルレストラン(東銀座)ムルギーランチは混ぜ混ぜして多角的な…

    2018.11.12

  4. マーロウGINZA SIX店

    マーロウGINZA SIX店:名物のビーカープリンが東京でもゲットできる…

    2018.11.11

  5. トーキョービーフン

    トーキョービーフン(銀座)グルテンフリーのビーフンが東急プラザ…

    2018.11.10

  6. 資生堂パーラー銀座本店

    資生堂パーラー銀座本店:1万円のカレーライスがスペシャル過ぎて悶…

    2018.11.08

  1. 金竜山

    炭焼 金竜山(白金):予約困難!都内最高峰の王道タレ焼肉は食うべき

    2017.04.13

  2. 嘯月

    嘯月(しょうげつ)(紫野):京都随一の食べるべき上生菓子あり!

    2016.07.11

  3. 生粋

    生粋(末広町):高級焼肉コースが6000円の高コスパ!一度は行くべ…

    2017.05.29

  4. 亀十

    亀十(浅草)東京3大どら焼き&松風が超大人気で美味い!

    2017.09.12

  5. 黒松本舗 草月

    黒松本舗 草月(東十条)東京3大どらやき「黒松」は美味しゅうござ…

    2017.03.13

  6. 珈琲茶香

    茶香(北千住)パンケーキはふわふわ激ウマ!オンライン予約可能に!

    2017.05.15