ラトリエモトゾー(池尻大橋)定番パフェはフォトジェニック♪イタリアンスイーツを召し上がれ♪

ラトリエモトゾー

今回ご紹介するお店は、池尻大橋にある「ラトリエモトゾー」さんです。

池尻大橋などの世田谷区には個性的で美味しいスイーツ店が沢山あり、どこにするか迷う嬉しい悩みがありませんか?

数多くひしめくスイーツ店の中でも、一際おススメ出来るお店の一つがラトリエモトゾーさんです。

激ウマなイタリアンスイーツ(いわゆるドルチェ)が楽しめますし、見た目が実に素晴らく感動レベルでした。

レビュー必見でございます!

 

当記事はミッキー(@micky19750930)が執筆しております。

2018/02/20 初投稿
2018/09/04 リンク等追加し記事をリライト

ラトリエモトゾーさんの外観・内観

ラトリエモトゾー

外観

ラトリエモトゾーさんは東急田園都市線の池尻大橋駅から徒歩3〜4分の住宅街の中にございます。

ロケーションは目黒川沿いで、いわゆる高級住宅街。

 

ラトリエモトゾー

店内

入口を入るとブティックになっていて、ケーキや焼き菓子類がディスプレイされています。

右側に進んでいくと、BAR風のカウンターやテーブル席があり、店内でも食べるスペースがあります。

イートインの席は6席ほど。

 

ラトリエモトゾー

テラス席

店の外にも座席があります。

住宅街の中なので景色は殺風景かもしれませんが、気候が穏やかな季節であれば、風に当たりながらお茶を楽しんだりもできそう。

 

ラトリエモトゾーさんのポイント

ラトリエモトゾーさんは、2016年にオープンしたイタリアのスイーツ(いわゆるドルチェ)を出す洋菓子店であります。

こちらのシェフは藤田 統三氏。

かつては表参道にあった「ソル・レヴァンテ」というイタリア菓子店で腕をふるっており、この度独立。

 

イタリアホスピタリティ国際認証マークを取得

日本人なのにイタリアホスピタリティ国際認証マークを取得された経歴があります。

MOI(イタリアホスピタリティー国際認証マーク)はISNART(イタリア国立観光リサーチ研究所)とUNIONCAMERE(イタリア商工会議所連合会)が展開するイタリアンレストランを対象にした国際認定です。現在、世界48ヶ国で認定が行われており、日本では在日イタリア商工会議所が公式審査機関として2011年から展開しています。

在日イタリア商工会議所(ICCJ )WEBサイトより引用いたしました。

認証マークを取得するにはかなり厳しい審査があるようで、イタリア菓子の権威と言っても良いほど。

日本人がイタリア菓子に精通してる稀有な存在というのはなんとも素晴らしいことだと思います。

 

伝統格式あるスイーツや店内限定のパフェがすごく美味しい

藤田氏が創作するスイーツは、伝統格式があるイタリアンスイーツから、現代的にアレンジしたものまでバリエーション豊富。どれも魅力あって美味しいものばかりです。

詳細はレビューで語ることにしますが、見た目も味わいも素晴らしいものなので。

伝統的なスイーツは丁寧に作られており、美味なのでお見逃しなく。

特に店内限定のパフェは必見!

パフェについては当サイトではかなりこだわっていて色んなお店をレビューしております。

良ければ別途ご覧戴くと嬉しいです。

 

 

予約・混雑情報・喫煙の有無

店内は予約は出来ません。

店内飲食の際は日中は混み合ってるタイミングもあるため、早めの時間帯の訪問をお勧めします。(商品が売り切れることも多いので。)

店内(テラス席も)は禁煙でございます。

 

メニュー・料理のレビュー

メニューについては、ラトリエモトゾーWEBサイトをご確認下さい。

店内限定のパフェについては、定番のパフェや季節限定のパフェがあります。

飲み物はコーヒーや紅茶の他に、お酒類のカンパリ(イタリアのリキュール)やモレッティ(イタリアのビール)がラインナップされています。

注意!
店内で飲食する場合は、事前にレジで注文し前払いとなっていることにご注意を。

 

では今回いただいた物をご紹介していきますね。

 

アイスカモミールティー

ラトリエモトゾー

アイスカモミールティー

▲アイスカモミールティー(600円)
店内で飲食するに限り飲み物をオーダーすることが出来ます。

量もたっぷりで、カモミールの爽やかな風味がスイーツとよく合っていました。

 

イタリア伝統菓子

続いてイタリアのスイーツをご紹介。

店内でも食べることが出来ますし、持ち帰りも可能。

 

モンテビアンコ

ラトリエモトゾー

モンテビアンコ

▲モンテビアンコ(値段失念:600円ぐらいだったかと)
イタリア伝統菓子の1つのモンブランで、ラトリエモトゾーのスペシャリテ。

イタリアとフランスの国境にモンブランという山があり、フランス語でモンブラン、イタリア語でモンテビアンコと呼ぶのです。

この(お菓子の)モンテビアンコは、フランス側から見ると白い山のように見えるところからモチーフにしてるようです。

見た目は本当に雪山のように綺麗で見とれてしまう。

 

ラトリエモトゾー

モンテビアンコ断面図

断面図を見ながら味を解説していきます。

白い部分はホイップクリームで、中にはマロンクリーム(茶色く見える部分がそれ)とイタリア(あるいはフランス)産の栗で形成されています。

そして、下面にはビスキュイ(フランス語でビスケットなどの焼き菓子の意)が敷き詰められている。

実食すると、濃厚な栗の風味が味覚を支配し甘みも強いが、ホイップクリームでバランスをとっており、思ったほどくどくなくて上品な味わい。

小さいながらも個性を主張していて、これは本当に美味しい。

スペシャリテであることに納得してしまいました。

ここにきたらぜひ食べて欲しいです。

 

パフェ

続いてはパフェのご紹介。

今回は定番のパフェとなります。

季節限定パフェは1日10食程度とプレミアものなので、食べたい時はお早めに!

 

コッパ アッラ ブルチャータ

ラトリエモトゾー

コッパ アッラ ブルチャータ

▲コッパ アッラ ブルチャータ(1500円)
このパフェもスペシャリテで、かつて所属していたソル・レヴァンテ時代から更にグレードアップしたもの。

20cm以上のグラスに入った、いちごの配列がとてもオシャレでキュート♪

見た目に心踊る人は数知れず。

もちろん、見た目だけで終わるわけがありません。

続きを・・・

 

ラトリエモトゾー

パフェ上面

上面にはいちごや3種のベリー、焼き菓子などのトッピングが施されていて、蓋のようになっているのはキャラメリゼ。

実に繊細はデコレートですが、焼き菓子もバターの風味が濃厚でパリパリして美味しいのです。

ベリーの酸味は、これから体験する強い甘みの緩和的な役割も果たしそう。

上から程よく食べていきましょう。

 

ラトリエモトゾー

キャラメリゼ層を割るとクリームが

キャラメリゼ層をスプーンで割ると、カスタードクリーム いわゆるクレームブリュレがたっぷりと入っている。

カスタードが濃厚で食べていて幸せになります。

いちごとの相性も抜群です♪

 

ラトリエモトゾー

中盤はいちごとクリーム・アイスの層

更に食べ進むと、規則正しく並んだいちごと生クリーム、そしていちごアイス、バニラアイスの層に突入します。

パフェといえばアイスですが、自家製で作られていて風味は抜群。

クレームブリュレを食べた後だとさっぱりに感じてしまいがちですが、意外と濃厚なアイスで、更に満足度が高まる。

 

ラトリエモトゾー

下面は焼き菓子とベリーのシャーベット

そして、いよいよフィニッシュを迎えることになりますが、カンノンチーニというイタリアの焼き菓子とベリーのシャーベットの層が見えます。

ベリーのシャーベットは、甘酸っぱく甘ったるくなった舌を見事にリセットしてくれる。

 

ラトリエモトゾー

カンノンチーニ

カンノンチーニはコロネのような可愛らしい面持ち。

サクサクと上品な口当たりでバターの風味が程よく美味しい。

クレームブリュレやアイスと個性が強い素材が続いてきて、焼き菓子で調和をとる場合はよほど美味しい焼き菓子でないと台無しになってしまいがちですが、カンノンチーニは十分に大役を果たしていました。

カンノンチーニ単体だけでもかなり素晴らしい出来栄え。

店内でカンノンチーニを販売しておりますので、気になる方がいればぜひどうぞ。

 

そんなこんなで食べてきたわけですが、最初から最後まで圧倒されたすごいパフェでした。

 

予算・総評

予算:パフェは1500円(税抜き)〜。飲み物との組み合わせで2300円前後。
総評:見た目よし、味わい申し分ない素晴らしいパフェはわざわざ遠くから食べにきても良いぐらい。

ラトリエモトゾーは定期的に訪れたい場所となりました。

本当におすすめなのでぜひ!

 

地図・アクセス

関連ランキング:ケーキ | 池尻大橋駅駒場東大前駅神泉駅

 

その他のパフェや洋スイーツ投稿も是非ご覧ください




その他の洋スイーツ投稿一覧はこちらをクリック♪

 

その他の池尻大橋・三宿の投稿も是非ご覧下さい


池尻大橋・三宿←←こちらから上記以外のレビューを閲覧できます。

関連記事

  1. 梅園

    創業160年、浅草を代表する甘味処の老舗@梅園 浅草本店

  2. 遠藤利三郎商店

    遠藤利三郎商店(押上):下町デートに最適な奇跡のワインバー!

  3. やきだんご銀月

    やきだんご銀月(湯の川)函館で食べるべき団子に刮目せよ!

  4. 175°DENO担担麺GINZa

    175°DENO担担麺GINZa:汁なし担々麺は痺れ・辛さが秀逸で激ウマ♪

  5. カフェーパウリスタ

    カフェーパウリスタ(銀座)コーヒーとザッハトルテで癒される老舗喫茶店

  6. 台湾屋台 阿Q麺館

    阿Q麺館(南砂町):牛肉麺が絶品で安価に楽しめる台湾屋台料理!

  7. さくらCafe 押上

    東京スカイツリーのおすすめグルメを予算別でまとめてみた!【随時更新】

  8. 赤羽あんこ

    赤羽あんこペリエ海浜幕張店:デニッシュ生地とあんことの相性に虜の和スイーツ♪

  9. 住吉酒販 東京ミッドタウン日比谷

    住吉酒販(日比谷)ミッドタウンの角打ちで日本酒をサクッと飲むにはうってつけ!




カテゴリ

  1. むぎとオリーブ

    むぎとオリーブ銀座店:鶏・煮干・ハマグリのトリプルSOBAが断トツに…

    2019.02.15

  2. 居酒屋うさぎ

    居酒屋うさぎ(木場)素材にこだわった料理が本格的で料亭顔負けの…

    2019.02.10

  3. ナウオンチーズ ルミネ新宿店

    ナウオンチーズルミネ新宿店:レアチーズソフトはチーズ好きには朗…

    2019.02.05

  4. こんぴら茶屋

    こんぴら茶屋(目黒)牛かれーうどんは手打ち麺が抜群でドロドロ激…

    2019.02.04

  5. あんスタンド銀座店

    あんスタンド銀座店:虎屋のあんこがあんコッペになってお気軽に楽…

    2019.01.31

  6. 銀座 篝本店

    銀座 篝(かがり)本店:鶏白湯ラーメンが超ウマのキャッシュレスオ…

    2019.01.28

  1. 嘯月

    嘯月(しょうげつ)【紫野】上生菓子が激ウマの京都を代表する老舗

    2016.07.11

  2. 生粋

    生粋(末広町)高級焼肉コースが6000円の高コスパ!一度は行くべし!

    2017.05.29

  3. 金竜山

    炭焼 金竜山(白金):予約困難!都内最高峰の王道タレ焼肉は食うべき

    2017.04.13

  4. 黒松本舗 草月

    黒松本舗 草月(東十条)東京3大どら焼き「黒松」は美味しゅうござ…

    2017.03.13

  5. 亀十

    亀十(浅草)東京3大どら焼き&松風が超大人気で美味い!

    2017.09.12

  6. 珈琲茶香

    茶香(北千住)パンケーキはふわふわ激ウマ!オンライン予約可能に!

    2017.05.15