黒松本舗 草月(東十条)東京3大どら焼き「黒松」は美味しゅうございます

黒松本舗 草月

本日ご紹介するお店は、「黒松本舗 草月」さんです。

こちらのお店は東京3大どら焼きの店舗の1つと言われ超人気店となっています。

当サイトでは東京3大どら焼きのお店はすべてレビューしておりますが、その中でも超おすすめと行っても良いほどの素晴らしいどら焼きが戴けます。

かつての料理研究家の岸朝子さんも絶品と認めたどら焼きをゲットしたのでレビューしたいと思います。

 

当記事はミッキー(@micky19750930)が執筆しております。

2015/05/18 初投稿
2019/02/16 画像一部変更

黒松本舗 草月さんは東十条にある

黒松本舗 草月

行列は草月さんの風物詩でもある

黒松本舗 草月さんはJR東十条駅南口を出て1分のところにお店があります。

ほぼ必ず行列が出来ているので、迷うことは皆無と思います。

列に並んでいないと、お店に入ることは出来ません。

行列=草月というぐらい、この界隈では有名です。

 

黒松本舗 草月

店内でも列が

列が進んでいくと店内に入ることができますが、中でも列をなしています。

行列出来る理由は、人気なことであるのも要因の1つですが、一番は「みんながまとめ買いする」からではと個人的に分析しています。

遠方の方は、100個とかまとめ買いするシーンも見かけたこともあるぐらいですので。

行列は苦手な筆者ですが、ここ草月さんだけは並んでしまいます。

 

黒松本舗 草月

岸朝子さんお墨付き

店内の額縁に、岸朝子さん直筆のお墨付きがありました。

期待が高まります!

 

黒松本舗 草月さんのどら焼きは個性的

草月さんは、「黒松」という黒糖を使った皮で作られたどら焼きが有名で人気があります。

東京3大どら焼きの1つとも言われています。(御徒町のうさぎや浅草の亀十と、ここ草月さんです。)

東京3大どら焼き含むまとめ記事もありますので良ければご参考まで。

関連記事:東京都内の美味しいどら焼き8選(随時更新)【まとめ記事】

 

黒松は典雅で唯一無二の美味しさ

黒松は個性的な皮に上品なあんこが組み合わせで、実に典雅な美味しさ。

毎日、手作りで、訪問される方に出来立てを提供するこだわりようです。

東十条に60年以上も続く和菓子の老舗で、今後も続いていくのが容易に分かる。

みんなが行列するほど虜になるどら焼きは、本当に美味しくぐうのねもでない。

岸朝子さん著書である、東京 五つ星の手みやげにも掲載されており、ご本人も大変気に入っておられたエピソードもあるほどです。

 

予約・混雑情報

予約は出来ませんので、購入したければ並ぶしかありません。

行列は日によって長さが変わりますが、最低1時間ぐらい見ておいた方が良いと思います。

雨の日などは行列がない場合もあったりするらしいですが、こればかりは運でしょうか。

地方発送は受け付けていますが、店頭で申し込んだ場合に限るので、通販のように全国どこでも申し込みができないことに注意が必要です。

実質、店頭販売しかないのでゲットするには並ぶしかありません。

煙草を吸える場所はございませんので列に並んで吸うなんてことはないようにご協力をお願いしたい次第です。

ご注意!!
オークションサイトや通販サイトに「黒松 草月」のどら焼きの販売を掲げているお店が過去にありました。(現在でもあるかも。)しかも、価格がかなり高いのが特徴。しかし、上記の通り通販は全くやっていないので草月さんとは無関係ですから、通販で購入の際はご注意を。

 

黒松(どら焼き)のレビュー

ここはどらやきのほかにも和菓子がありますが、やっぱりどらやき1点でしょうね。

 

黒松

草月

今回は10個入りを箱付きで買いました。箱は有料です。

バラでも購入可能でその際は袋に入れてもらえますが箱代はかからず無料です。

 

黒松本舗 草月

箱の中には黒松が

こんな感じで入っています。早く食べたい♪

 

黒松本舗 草月

黒松

▲黒松(1個120円:税別)
ここのどらやきは黒松と言います。

大きさは小さめ。

外の皮には黒砂糖と蜂蜜を練りこんであり、しっかりと焼き色が付いているタイプです。

どら焼きなのにふわっと軽くて、黒砂糖の風味が力を与えていますが、甘味は極めて上品。

大変個性的な皮でこんなに美味しいのは他ではお目にかかれないかもしれません。

 

黒松本舗 草月

黒松 断面図

そして、中のあんも上質な小豆を使っており、上品な甘味が付いている。

皮とあんが一体となると更に軽く羽が生えたかのような食感に。

口の中で溶けてなくなる、新感覚などら焼きです。

1個は小さ目なのもありますが、あっという間に何個も食べ進んでしまう、大変魅力的な和菓子だと感じました。

どら焼きは甘くてどっしりしてて、重たいという偏見も見られますが、この黒松を食べたら概念が変わると思います。

どら焼きで心まで奪われたのは初めてかもしれません。

 

予算・総評

予算:どらやきは1個120円。これに包装代などがかかります。
総評:バラで購入することも可能です。10個入りや20個入りなどもありますが、金額は単純に個数×120円+箱代+消費税です。

他の「東京3大どら焼き」と比べると、一番安い!しかも味はひけを取らないという素晴らしいもの。

並んでもゲットしたいどら焼き(黒松)はここにあります。是非訪れてみて下さい!

 

地図・アクセス

関連ランキング:和菓子 | 東十条駅王子神谷駅十条駅

 

他の東京3大どら焼きや和菓子記事もどうぞ!

 

その他和菓子投稿はこちらをクリック!

 

その他の十条・東十条の投稿も是非ご覧下さい

[catlist id=165 excludeposts=this]
十条・東十条←←こちらから上記以外のレビューを閲覧できます。

 

当サイトでもご紹介している一保堂茶舗さんの抹茶は黒松のどら焼きともとても相性が良かったですのでご紹介しておきますね♪

[itemlink post_id=”14834″]

関連記事

  1. フェブラリーカフェ

    フェブラリーカフェ(浅草)穴場で寛げてペリカンのパンが食べられる素晴らしいカフェ!

  2. きてら

    どら焼き きてら(神田):ガード下でふわふわどら焼きがゲットできますよ!

  3. ラ・ピッコラ・ターヴォラ:永福町の窯焼きナポリピッツァが素晴らしい!

  4. アトリエコータ

    アトリエコータ(神楽坂)皿盛りスイーツやパフェを目の前で作ってくれて楽しめる♪

  5. マーロウGINZA SIX店

    マーロウGINZA SIX店:名物のビーカープリンが東京でもゲットできるぞ!濃厚さに酔いしれよう

  6. 中島の御茶屋

    中島の御茶屋(浜離宮恩賜庭園)お茶と和菓子で寛げる素晴らしい御茶屋

  7. 牛蔵

    焼肉問屋 牛蔵:予約困難でコスパ激高な希少部位を富士見台で味わえるよ!

  8. YOU

    YOU(東銀座)ふわとろオムライスは必食!昭和の喫茶店

  9. 銀座みゆき館本店

    銀座みゆき館 銀座本店:手作りモンブランが素敵な南仏を思わせるカフェ




カテゴリ