カフェ・フロインドリーブ(三宮)教会の中で素敵なお茶しませんか?

フロインドリーブ本店

今回ご紹介するお店は、新神戸駅と三宮駅の間あたりににある「カフェ・フロインドリーブ」さんです。

神戸に数多くあるカフェの中で、教会をロケーションにしたカフェはおそらくここだけ!

歴史も感じつつ、雰囲気最高の中で極上のスイーツを食べながら過ごせるとしたら興味湧きませんか?

神戸に来たら絶対に行って欲しいカフェをご紹介いたします。

 

当記事はミッキー(@micky19750930)が執筆しております。

2017/11/15 初投稿
2018/10/03 記事構成変更しリライト。

カフェ・フロインドリーブの外観・内観

フロインドリーブ本店

外観ロゴ

カフェ・フロインドリーブさんは、JR新神戸駅と三宮の中間あたりにあります。

こちらのお店はなんと、登録有形文化財に指定されている建物なのです。

 

フロインドリーブ本店

教会

建物を見てるだけでも楽しめる。

 

フロインドリーブ本店

旧神戸ユニオン教会

何故、登録有形文化財かというと、もともとは歴史ある旧神戸ユニオン教会だったのですが、洋菓子店のフロインドリーブさんが建物まるごと買い取ったとのこと。

教会丸ごとをカフェにするなんてびっくりですよね。

由緒ある佇まいがグッときます。

神戸の街に溶け込んでいて、特別感を感じないのは神戸の雰囲気がなせる業なのか。

 

フロインドリーブ本店

モミの木もロマンチック

訪問したときは12月だったので、モミの木も設置されていました。クリスマスには点灯するのだろうか・・・。

 

フロインドリーブ本店

店内

さて、店内に入りました。

全体像映ってなくて分かりにくいですが、聖堂がそのまま残されており、何とも素敵な店内です。

吹き抜けの天井も圧巻でした。

 

フロインドリーブ本店

ピアノも残っている

ピアノも教会の名残でしょうか。

雰囲気作りに一役買っていました。

 

カフェ・フロインドリーブのポイント

こちらは、神戸にあるドイツパンとドイツ菓子の店でございます。

1Fはベーカリーとなっていて、パンや焼き菓子などをテイクアウトすることが出来ます。

2Fは今回レビューするカフェとなっていて、ランチやスイーツなどを楽しめる。

フロンドリーブさんは、ここが本店となっていますが、神戸市内の大丸とそごうにも店舗があります。

 

カフェ・フロインドリーブさんでは、焼きたてのパンを使ったサンドイッチをはじめ、カフェメニューがどれもおススメ。

勿論、焼き菓子などもありますから、スイーツやお茶で楽しむのもOK!

スイーツはドイツ菓子ということもありますが、派手さはないものの、毎日食べてもあきない素朴な(勿論ほめ言葉)風味が個人的には気に入りました。

ドイツ菓子といえば、シトーレン(シュトレーン)を思い浮かべる人も多いと思いますが、こちらのお店を代表するドイツ菓子で、冬季限定で購入も可能です。

冒頭でも述べた通り、雰囲気は抜群で、女性客がかなり多いのが印象に残りました。

デートでも、友人同士のおしゃべりなど、TPOを問わず使えるカフェと思います。

贅沢な空間で食べるドイツパンやドイツ菓子は格別と言えるでしょう。

神戸のカフェといえばどこですか?と筆者が聞かれたら、迷わずカフェ・フロインドリーブさんと答えると思います。

 

予約・混雑情報・喫煙の有無

こちらの店は予約が出来ないので、直接店舗にお越しいただくしかありません。

ランチ時間帯は混み合うので待たされることも想定しておいたほうが良いでしょう。

1Fの商品についてはお取り置きできるようなので、店舗に連絡して確認してみて下さい。

カフェ店内は禁煙となっています。

 

メニュー・料理のレビュー

カフェ店内では、サンドイッチをはじめとしたカフェメニューが目白押し。

焼きたてパンで作るサンドイッチは格別でしょうね!

詳細なメニューはフロインドリーブWEBサイト参照願います。

 

クッキー(お茶請け)

フロインドリーブ本店

クッキー(お茶請け)

▲クッキー(無料)
お冷と共に出てきました。サービス(無料)とのこと。

サクっと甘さ上品で美味しい♪

入っているグラスもいちいち素敵ですよね。

 

イチゴタルト

フロインドリーブ本店

イチゴタルト

▲イチゴタルト(540円)
写真にはありませんが、スイーツワゴンがあって、数あるスイーツの中から選んだものがこちらでした。

ワゴンから選ぶのってワクワクしますよね?

と話がそれたので戻します。

イチゴタルトは外の生地がサックリと香ばしく、食感が素晴らしい。

昨今のタルトは生地が香ばしくなくてザックリ感にがっかり(洒落じゃないですよ)することも多いのですが、フロインドリーブさんは違いました。

個人的見解になってしまいますが、タルト生地はサックリと香ばしいのが本物だと思っております。

上に乗ってる生クリームとカスタードクリームは、濃厚でイチゴの酸味を上手く包み込んでいて、酸味と甘味の調和が取れていて美味しい。

上にちょこんと載っている焼き物もアクセントを与えてもう言うことなし!

焼き菓子が美味しいお店に外れはないですね♪と感じた瞬間でした。

タルトはここに来たら食べた方が良いです!

 

カプチーノ

フロインドリーブ本店

カプチーノ

▲カプチーノ(648円)
香り高く、味が濃いめのカプチーノでした。

クリーミーな泡が珈琲の荒々しさを和らげてくれます。

 

教会という異質な空間で楽しむお茶は、何とも贅沢でございました。

 

予算・総評

予算:カフェ利用の場合1000円~。ランチ利用は1500円~。
総評:場所柄、ややお高く感じるかもしれませんが、雰囲気代とハイクオリティなスイーツたちを味わえるとあっては破格と思いました。

スイーツも美味しいのは勿論、雰囲気が他店にはないロケーションで最高なので、お茶するには最適。

駅から少し離れていますが、訪問すべきカフェですね!

カフェで楽しんだ後は1Fでお持ち帰りのパンも買っちゃいましょ♪

 

地図・アクセス

関連ランキング:カフェ | 新神戸駅三ノ宮駅(JR)三宮駅(神戸新交通)

 

その他のカフェ投稿も是非ご覧下さい

 

その他の洋カフェ投稿一覧はこちらをクリック♪

 

その他の兵庫県の投稿も是非ご覧下さい

関連記事

  1. フレンチトーストファクトリー秋葉原

    ザ・フレンチトーストファクトリー (秋葉原)フレンチトーストはとろけて美味すぎた!

  2. 有馬ジェラテリア スタジオーネ

    アリマジェラテリアスタジオーネ(有馬温泉)素材が引き立つ激ウマジェラートは究極の癒し♪

  3. サラベスアトレ品川

    サラベスアトレ品川店:連日混雑しているパンケーキが素敵な駅近カフェ♪

  4. クラムチャウダーガーデン(海浜幕張):ランチ・ディナーのバリエーションが楽しい!

  5. アンヂェラス

    アンヂェラス(浅草)ダッチコーヒーを飲んで昭和の雰囲気に酔いしれる

  6. ビブリオテーク

    素敵なブックカフェでふわもちパンケーキ♪@ビブリオテーク東京・有楽町

  7. HABUTAE1819

    羽二重団子が進化したカフェ@羽二重団子 日暮里駅前店

  8. ホテルニューオータニ幕張ラウンジ

    ザ・ラウンジ(ホテルニューオータニ幕張):ホテルでいちご狩り♪ランチビュッフェは楽しくコスパも良し♪

  9. レインボーパンケーキ

    レインボーパンケーキ(原宿)個室予約で並ばずにパンケーキを食べよう!




カテゴリ

  1. 辻利 銀座店

    辻利 銀座店:高級抹茶ソフトクリームは典雅な美味さでGINZA SIXに…

    2018.10.21

  2. 刷毛じょうゆ海苔弁山登りGINZASIX

    刷毛じょうゆ 海苔弁山登り GINZASIX店:高級のり弁はとろける美味…

    2018.10.21

  3. 中華そば はじめ

    中華そば はじめ(大島)お手頃にラーメンを味わえるスポット!

    2018.10.14

  4. 林家新兵衛 日比谷店

    林家新兵衛 日比谷店:濃厚抹茶パフェがお手頃価格で!ミッドタウン…

    2018.10.11

  5. まきの センタープラザ店

    まきの センタープラザ店(三宮)揚げたて天ぷら定食がお手頃価格で…

    2018.10.10

  6. スパゲティのパンチョプレナ幕張

    スパゲティのパンチョプレナ幕張:ナポリタンがボリューミーでジャ…

    2018.10.09

  1. 金竜山

    炭焼 金竜山(白金):予約困難!都内最高峰の王道タレ焼肉は食うべき

    2017.04.13

  2. 嘯月

    嘯月(しょうげつ)(紫野):京都随一の食べるべき上生菓子あり!

    2016.07.11

  3. 黒松本舗 草月

    黒松本舗 草月(東十条)東京3大どらやき「黒松」は美味しゅうござ…

    2017.03.13

  4. 珈琲茶香

    茶香(北千住)パンケーキはふわふわ激ウマ!オンライン予約可能に!

    2017.05.15

  5. 亀十

    亀十(浅草)東京3大どら焼き&松風が超大人気で美味い!

    2017.09.12

  6. 生粋

    生粋(末広町):高級焼肉コースが6000円の高コスパ!一度は行くべ…

    2017.05.29