パティスリー&カフェ デリーモ(日比谷)絶品スイーツをミッドタウンで堪能しよう♪

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

ミッキー(@micky19750930)です。

今回ご紹介するお店は、日比谷にある「パティスリー&カフェ デリーモ」さんです。

赤坂にあったスイーツの名店が東京ミッドタウン日比谷に移転したとのことで突撃してきました!

スイーツとお酒のマリアージュに興味がある方はぜひ見ていってください!

2017/04/21 初投稿

外観・内観・ポイント

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

外観&内観

パティスリー&カフェ デリーモ(以下デリーモ)さんは東京ミッドタウン日比谷の地下1Fにあります。

路面店のロケーションなので、外からはこのように丸見えな店内です。

ミッドタウン内にはいろんな飲食店がありどれも魅力的です。

当ブログでもレビューしておりますので、よかったらご覧ください。


 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

店内

店内はブラウン調のゴージャスな感じもする空間ですが、場所柄賑やかな雰囲気。

静かなロケーションが好きな方には向かない場所にはなってしまっています。

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

店前にはソファー席

店の前のソファー席も座れるようです。(座ってる人見たことないですが・・・)

 

 

デリーモさんのポイント

こちらのお店は、都内に3店舗(目白店渋谷ヒカリエ店、ここ日比谷)に展開するパティスリー(洋菓子店)でございます。

以前は赤坂にもあったのですが、この度東京ミッドタウン日比谷に移転してきたのが当店となります。

パティシエである江口 和明氏は、チョコレートの名店で修行を積み、カカオの虜になり独創的なショコラを世に送り出している人気のお人であります。

Twitter(江口 和明氏)もやっておりますのでフォローすると美味しそうなスイーツを眺めることができますよ!

スイーツだけでなく、他にも強みがあったと感じたのでまとめます。

  • お酒とスイーツのマリアージュが楽しめる
  • ワインのこだわりが素晴らしい
  • 計算されたパフェが秀逸
  • ランチもあります
  • 持ち帰りのスイーツもあります

お酒とスイーツのマリアージュが楽しめる

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

お酒とスイーツのマリアージュ

デリーモさんでは、スイーツとお酒を合わせることも推しております。

もちろん、強制ではないのでノンアルコールのドリンクと合わせてもOK。

しかし、お酒とスイーツを同時に楽しめる場所はあまりないので、個人的にはお酒とのマリアージュを楽しむ場所かと感じました。

 

ワインのこだわりが素晴らしい

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

ワインセラーも完備

デリーモさんでは、ワインも提供しています。

このようにワインセラーまで完備。

セラーを覗いたら、ワインの大御所であるブルゴーニュをはじめとして、一般的なワインバーにも劣らないラインナップでありました。

ワインとスイーツで合わせてみるのも良いかと思いますよ♪

 

計算されたパフェが秀逸

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

計算されたパフェ

デリーモさんのパフェはショコラをメインとしており、作り方が下手だとくどくなりがちな難しい構成なのにも関わらず、程よい重たさで全身で満足できます。

満足できる理由は、フルーツやショコラ、その他の食材たちのバランスが絶妙で計算され尽くしているからだと思いました。

見た目も麗しいですし、スイーツ好きなら誰でも満足できるパフェであることは断言できます。

 

ランチもあります

こちらのお店では、ランチタイムもあり、キッシュやパスタ、ローストビーフなどのカフェメニューも充実しています。

甘いものが苦手な方も楽しめる配慮は嬉しいですね。

ちなみに、ランチのセットにスイーツを付けることも可能なようです。

お昼を食べたらスイーツで締めたいものですね。

 

持ち帰りのスイーツもあります

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

店内で販売している

デリーモさんはカフェだけでなく、ケーキや焼き菓子、ショコラなどの持ち帰りメニューも揃っております。

ケーキは日持ちしませんが、焼き菓子やショコラは日持ちしますのでお土産にいかがですか?

高級感もありますし、お土産に喜ばれること間違いなしです。

 

予約・混雑情報・喫煙の有無

こちらのお店は予約不可となっております。

平日・土日問わず日中の時間帯は大変込み合い、列をなしていることもしばしばありました。(30分〜1時間以上待つことも)

余裕を持った訪問をお勧めします。

店内(東京ミッドタウン日比谷内)は完全禁煙となっています。

 

メニュー・料理のレビュー

写真がぶれて申し訳ありませんが掲載しておきたいと思います。

ケーキメニュー

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

ケーキメニュー

オリジナルのケーキたちは勿論健在!

お店の名前にもなっている「デリーモ」も実に美味しそう。

 

パンケーキメニュー

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

パンケーキメニュー

ショコラのパンケーキって筆者は殆ど食べないのですが、実にそそるフォルムですね。

とても個性的に見えます。

 

パフェメニュー

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

パフェメニュー

パフェも実にバリエーション豊富。

ショコラもふんだんに使われている印象が伺えます。

 

ワインメニュー

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

ワインメニュー

冒頭でも述べましたが、ワインも置いてあります。

ラインナップを一部紹介しますと

  • オーパスワン
  • エシェゾー
  • モンラッシェ

ワイン好きの方はご存知と思いますが、どれも高級で人気のワインばかり。

ここはワインバーですか?って錯覚するぐらいなのですよ。

他にもお手頃価格のワインもあったり、飲み比べできるメニューもありました。

 

では、食べたものをレビューして参ります。

 

飲み物

飲み物はソフトドリンクやワインなどが揃っていますが、今回はワインを。

 

白ワイン飲み比べセット

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

飲み比べセット

▲白ワイン飲み比べセット(1100円:税抜)
単品のグラスワインもありましたが、3種類が飲み比べできるセットがありましたのでこちらをチョイス。

この写真だとなんだかわかりませんよね(当たり前か 笑)

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

名ワインがずらり

こちらが今回飲んだワインの説明書。

  • パタールモンラッシェ(ブルゴーニュ)
  • シャトー・ペラ・リースリング(スロバキア)
  • プィィ・ヒュメ(ロワール)

ブルゴーニュワインといえば高価でなかなか手が出ないのですが、この価格で試せるのは実に破格です!

どれも個性あって素敵な味わいでした。

個人的にはモンラッシェが切れ味抜群でずば抜けていたかなと感じました。

これらのワインとスイーツのマリアージュを各々楽しむことが出来ますよ!

 

スイーツ

スイーツは今回はパフェを選択しました。

 

メランジュフリュイHIBIYA

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

メランジュフリュイHIBIYA

▲メランジュフリュイHIBIYA(2300円)
デリーモさんのスペシャルなフルーツパフェです。

季節のフルーツなので、今回はいちごがメインとなっています。

高さもあって、おしゃれなグラスにいちごが端正にディスプレイされて実に麗しい。

明かりのせいかチョコが溶け始めているのは御免なさい・・・

パフェの構成は以下のようになっていました。

  • (最上段)あまおうとブロンドチョコレート・グロゼイユ
  • (上段)ショコラアイス・ピスタチオ・カカオニブ
  • (中段)あまおう・Weissショコラクリーム・ピスタチオアイス
  • (中下段)フィヤンティーヌ・グロゼイユシャンパンジュレ・シュトロイゼル
  • (下段)ショコラソース

 

実に素材が豊かではありますが、本当に美味しいのか気になりますよね?

レビューを続けたいと思います。

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

最上段〜上段

上段部分はショコラとアイスとフルーツの組み合わせがメイン。

ショコラアイスは濃厚で味がしっかりとしていますが、ベタベタした甘さではなくとても上品。

ピスタチオアイスも風味豊かで癒されます。

と言いながらもアイスが続くと口の中が麻痺してくるので、いちごとグロゼイユの酸味が見事に洗い流してくれる。

上段だけでも均整取れた味の組み立てが印象的でした。

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

付属のショコラソースをかけてみる

パフェにはショコラソースが付いてきております。

かけずに食べてももちろん美味しいのですが、折角なのでかけてみるとショコラ好きにはたまらない濃厚な味わいに変化します。

力強い味わいですが、フルーツのおかげでさっぱりと頂ける。

味わいのコントロールが見事。

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

中段

上段を食べていくと中段にもたっぷりあまおうが。

そしてWeissショコラクリームという、フランスの高級ショコラ「Weiss(ヴェイス)」で作ったクリームが層になって登場します。

アイスを食べて冷たくなってたところに、クリームで舌の温度一旦リセットできるのは嬉しいですね。

クリームにたっぷりショコラが含まれていて実に贅沢になっているのが印象的で、もっと食べたい気持ちになります。

そして、ピスタチオアイスも再び登場、全体の味わいを引き締めていました。

ここまで食べていて、ボリュームがそれなりにあるにも関わらずまだまだ食べたい衝動に駆られたので、ポテンシャルの高さが伺えました。

 

パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷

下段

いよいよ、下段にさしかかり、終わりに近づいてきました。

ここまでかなり満足なので、どのように終わるのかが気になりますよね。

グロゼイル(という酸味のあるフルーツ)とシャンパンを使ったジュレが待ち構えていました。

今までのショコラがメインの味わいがこのジュレで見事にリセットされ、ショコラの余韻を感じつつ、シャンパンのリッチな味わいが加わることで実に心地よい。

フィヤンティーヌという焼き菓子と下段のショコラソースの組み合わせも素晴らしい。

最後のショコラで締めるのは、デリーモさんの強烈なメッセージが隠されてる気がしました。

「今まで味わってきたものを感じながらショコラも忘れないで欲しい」って。

 

味わいの要素が多いのに混ざり合わずに個性を主張しつつもお互いを引き立てあう構成はなかなかお目にかかれないので、本当にすごいなと思いました。

先に紹介したワインと、パフェのいろんな風味のマリアージュでさらに複雑に味わい深くなることは言うまでもありません。

心から堪能いたしました。
 

予算・総評

予算:パフェは2000円前後が平均予算。
総評:個性あるスイーツが東京ミッドタウン日比谷で楽しめるのは実に喜ばしいこと。

これからも人気であることは間違いないと確信しました。

 

地図・アクセス

関連ランキング:カフェ | 日比谷駅内幸町駅有楽町駅

 

東京ミッドタウン日比谷の他のの投稿も是非ご覧下さい


 

その他の有楽町・日比谷の投稿も是非ご覧下さい


有楽町・日比谷←←こちらから上記以外のレビューを閲覧できます。
銀座・新橋・有楽町←←こちらから親カテゴリのレビューを閲覧できます。
東京←←こちらから親カテゴリのレビューを閲覧できます。

ショコラのこだわりを語った良書

国内外のショコラの名店をコンパクトにかつ、詳細にまとめた本です。

最近の流行も知ることができるし、ショコラマニアにはおすすめですよ!

関連記事

  1. アトリエコータ

    アトリエコータ(神楽坂):芸術的な皿盛りデザートは美味さも本物!

  2. ジャパニーズアイス櫻花

    ジャパニーズアイス櫻花(恵比寿):日本各地の素材を使った手作りアイスは激ウマ♪

  3. 葵

    葵:北千住の隠れ家的小料亭で激ウマ料理を食べながら一杯やってみた♪

  4. ラーメン大至

    ラーメン大至(湯島):究極の醤油ラーメンに痺れよう

  5. 言問団子

    言問団子:上品な三色お団子は賞味期限1日の儚い向島三大和菓子の老舗

  6. 庭 Garden of four seasons

    庭 Garden of four seasons(銀座)会員制隠れ家レストランでコスパよく楽しもう

  7. 小野珈琲

    小野珈琲(森下):丸みのあるホットケーキはもっちりしててクセになるよ♪

  8. ばん

    もつやきばん:祐天寺のレモンサワー発祥の名酒場♪

  9. ブレッツカフェクレープリー銀座店

    銀座でガレット・クレープといえば♪@ブレッツカフェクレープリー銀座店

  10. Toshi Yoroizuka

    トシヨロイヅカ ミッドタウン店(六本木):皿盛りスイーツが美しく美味♪

  11. シンチェリータ

    ジェラテリア シンチェリータ:阿佐ヶ谷で素材を生かした典雅なジェラートに出会えて感激!

  12. ラ・プレシューズ

    出来立て和栗モンブランは典雅な味わい@ラ・プレシューズ アトレ四谷店