トンテキ食堂8(亀戸)分厚く柔らかいトンテキがお手軽に美味しく満足度高し!

トンテキ食堂8(亀戸)

今回ご紹介するお店は亀戸にある「トンテキ食堂8(エイト)」さんです。

FacebookでI Love 亀戸というグループがあってそこで話題になっていたトンテキのお店に行ってまいりました。

こちらは2019年3月にオープンしたばかりで穴場のスポットと思います。

亀戸にはお肉が食べられるお店は比較的多いものの、チェーン店だったり高級志向だったりと中間地点がないのが悩みの1つでした。

でも、これからはこちらのトンテキ食堂8さんを使えば美味しくてお手軽に豚肉が楽しめるパラダイスが待っております。

 

当記事はミッキー(@micky19750930)が執筆しております。

※記事中にタブやスライダー画像を使用しており、タブをクリックしたり画像を左右にスワイプすると切り替わりますので見たいものをタップ(クリック)してみてください。

2019/03/26 初投稿

トンテキ食堂8は亀戸十三間通り商店街にあります

  • トンテキ食堂8の行き方
  • 予約・混雑状況
  • 予算
  • 地図・アクセス

トンテキ食堂8さんの行き方がややこしいので詳細を説明いたします。

まずはJR亀戸駅のアトレ口を出てもらい、北上すると亀戸十三間(じゅうさんげん)通り商店街に当たりますので通り沿いをさらに進んでください。

すると右手にモスバーガーが出現し、その隣に「トンテキ食堂8」という看板が見えてきたら正解です。

看板横の階段を上ってもらうと入口が正面に見えて到着となる。

上の写真をランドマークとして行ってみてください。

こちらのお店は予約はできません。

2019/03にオープンしたばかりでまだ認知度が低いのか、比較的空いておりました。

今後は人気になる予感もしておりこの限りではないかもしれませんが、1人や2人で行く分にはすんなり入れるかと思います。

定食タイプのお店なので1000円〜から食べられます。

お肉の量を増やすと1人3000円近くになることもありますが、全体的に価格は抑えめと感じました。

お手頃価格といって良いかと思います。

トンテキ食堂8はお気軽に豚肉を楽しめるお店である

  • 店内は明るいライブキッチン
  • 肉料理を気軽に食べられる
  • トンテキの提供が早い
  • 分厚いお肉でがっつり

店内はカウンター席と奥にテーブル席があり16席ほどとキャパは小さめ。

明るい店内で清潔感もあり、女性お一人でも気軽に入れる雰囲気がありました。

カウンターの目の前で調理するところも見えるライブキッチン形式もなかなか良い。

トンテキ食堂8(エイト)さんは2019/03にオープンしたトンテキ(豚肉のステーキ)メインの定食料理屋さん。

肉料理のカテゴリに入るお店で、トンテキをはじめとした料理がカジュアルに楽しめる。

店主にお話を伺ったところなかなか興味深いことが聞けた。

  • 亀戸は肉料理を食べられるお店がチェーン店、もしくは焼肉ぐらいしかない
  • (店主は会社員経験ありで)社会人がちょっと遅くに帰ってきても肉料理を気軽に楽しめる店が欲しかった
  • 焼肉ではなくて定食形式の食堂があれば良いかなと思った
  • じゃあ自分で店を作っちゃおう
  • トンテキはこれからブレイクするのでは?

ってことでトンテキ8を立ち上げたそうです。

なかなか面白い経歴である。

料理の価格やラインナップを見るとこれらのコンセプトが忠実に再現されていて、本当に気軽に楽しめるなと感じました。

筆者がこちらのお店でびっくりしたのが、トンテキが出てくるスピードが恐ろしく早いことです。

トンテキというと分厚い豚肉を焼くので時間がかかるイメージがややありますが、さっと焼いて出てきたのです。

恐らくですが、肉は事前に低温状態で火が通っているものを焼いて仕上げるからスピーディーなのかと思いました。

作り置きってわけではなく、理にかなった調理法でお肉も柔らかくて味わいも上々でしたのでこの配慮は嬉しいなと。

トンテキ食堂8さんのトンテキはさっと出てくるだけでなく、お肉も分厚くて食べ応えがありました。

豚肩ロースを使っているので硬いのかと思いきや、前述通りの調理法で柔らかく仕上がっているし肉厚で楽しめるのだ。

肉好きは絶対に楽しめるお店だと確信しました。

トンテキ食堂8のメニュー

トンテキ食堂8(亀戸)

メニュー

お店の魅力をご紹介したところで料理も語っていきます。

基本は定食スタイルですが、単品やアラカルトでの注文もできるのでちょっとお酒を飲みながらという楽しみ方もできます。

トンテキがメインですがハンバーグや豚丼などもあるし、お酒のおつまみ系メニューも揃っていますから色々楽しめるロケーションとなっている。

豚肉がメインなので流石に牛肉はありませんでした。

価格も写真を見るとわかる通り、そんなには高くないのでいつでも気軽に使えるのが良いかなと。

トンテキのレビュー

では、お店の概要を語ったところでいよいよトンテキ食堂8さんのメインであるトンテキをご紹介しますね。

 

  • 赤辛大トンテキ定食(1450円)
  • ご飯もたっぷり
  • 野菜もたっぷり

スタンダードなトンテキにしようかと思いましたがちょっと変化球で辛いトンテキをチョイス。

トンテキのサイズは

  • 200g
  • 300g(200円増し)
  • 500g(1250円増し)

の中から選択できます。

これだけ見ると300gが一番コスパが良いのかなとも感じてしまいましたが。

最小でも200gとはボリュームがあって驚く。

そんな豚肉に唐辛子ベースの辛いソースとにんにくチップがたっぷりと。

香ばしい香りでニヤニヤしてしまいます(笑)

今回は定食なので、小鉢(ひじき)とご飯・味噌汁が付いてきました。

このボリュームで1400円はなかなかお安いのではと思う。

ライスは通常サイズでも結構量は多め(一般的なお店の2膳分ぐらい?)なので量が食べられない人は減らしても良いかもしれません。

たくさん食べる人には嬉しい配慮ですよね。

大盛りは追加料金がかかるようです。

お肉の付け合わせとして、キャベツがたっぷり添えられております。

そして、写真では見えませんがお肉の下にはモヤシもたっぷり敷いてあるのです。

豚肉を食べながら野菜もそれなりの量が摂取できるようになっていて、栄養学的にも多少は良いのかなんておもったり。

肉厚で柔らかいトンテキ

トンテキのレビューですが、肉はこのようにとっても分厚くてがっつりと食べられます。

肝心の豚肉は肩ロースを使用し、冒頭でも述べたとおり低温でじっくり焼き上げますから硬くはならずに柔らかく仕上がっている。

肉の味自体はやや臭みもあったように思えた(個体差かもしれないが正直に)が、唐辛子ベースの辛いソースのおかげで中和し美味しく食べられた。

にんにくチップのおかげで食べるごとに食欲が増してきて、ご飯をかっこんで食べてしまう魅力がこのトンテキにはあった!

300gのお肉ですがあっという間にペロリと平らげてしまったので、ポテンシャルはなかなかのものと言えましょう。

トンテキ食堂8さんは亀戸で流行る予感大!

以上がトンテキ食堂8さんのトンテキレビューでした。

亀戸で豚肉をお気軽に食べられる店はほぼ皆無であったことから、こちらのお店は今後流行る予感が大だと感じております。

定食でがっつり食べるもよし、お酒を楽しみながらつまむもよしでマルチに使えますので、お近くにお越しの際はぜひどうぞ!

肉料理や亀戸投稿もぜひ見ていってください

関連記事

  1. 福しん浅草店

    福しん浅草ROX前店:おともラーメン100円は震えるレベル!コスパが半端ないチェーンの中華屋さん

  2. ニューヨークバー(パークハイアット)

    ニューヨークバー(パークハイアット東京)夜景が最高でムード高めな摩天楼のBAR

  3. 祇園辻利 東京スカイツリータウン・ソラマチ店

    祇園辻利 東京ソラマチ店(押上)抹茶が激ウマのソフトクリームをスカイツリーで

  4. 肉山

    肉山(吉祥寺):赤身肉フルコースのコスパが最高♪あなたも最高峰の肉の山に登ろう!

  5. りんすず食堂

    りんすず食堂(大島)レモンラーメンと鶏天がインパクト絶大で激ウマ!

  6. 小岩井農場

    小岩井農場エキュート東京店:ソフトクリームが駅構内でお手軽に美味い!

  7. 麺屋ひょっとこ銀座店

    麺屋ひょっとこ銀座店:和風実山椒ラーメンは優しくさっぱりな味わいでおすすめ!

  8. ブルドック

    ブルドック(大井町)ビッグなメンチカツが美味い洋食きたなシュランの行列店

  9. クランドサケマーケット

    クランドサケマーケット(池袋):種類豊富な日本酒が時間無制限飲み放題3240円!




カテゴリ